そのシャンプー方法間違っていませんか?

毎日しているシャンプー、人によってやり方は様々かもしれません。

正しい方法を知っている人は少ないのでは?。。。

 

ということで今回は、知っているようで知らないシャンプーのやり方をご紹介したいと

思います!

 

まずは

☆ブラッシング

髪のもつれを取り、ほこりなどを落とします。頭のテッペンからとかしても、髪がもつれないくらい目の粗いものを使用してください。

 

☆初めの流し

IMG_2057

〇お湯の温度は体温に近い38°くらいがベストです。熱いお湯を直接髪に当てるとキューティクルが立ち上がり傷むので

熱くて強いシャワーは厳禁です。

〇シャワーの時はシャワー圧の調節も程々にしましょう。浴室の壁に当たったとき、水しぶきがたくさん飛ぶようなら圧が強いです。

〇濡らすときは髪の毛にお湯を含ませるように濡らします!シャワーヘッドを地肌につけて、地肌もしっかりぬらします。

地肌がしっかりぬれていないと、シャンプーでなかなか泡立たないのです。

ただ濡らすだけではなくて指の腹を髪の毛の間に入れて、軽く動かしながら素洗いを行います。

この素洗いで髪の毛についたほこりや汚れの、なんと8割も取り除くことができます!

 

☆水切り

手のひらを合わせて、毛先の水をきります。

髪からボタボタと水が落ちるくらいぬれたままだと、お湯といっしょにシャンプー剤が流れてしまうため、なかなか泡立たない原因になります。

泡立ちにくいと必要以上に髪をこすってしまい、傷みの原因にもなることがあるのでシャンプーの前に髪の水気はしっかりきることがコツです。

 

☆泡立て

IMG_2054

〇シャンプー剤の量はポンプ式はショート、ミディアムで1プッシュ、100円くらいが目安です。

〇お湯の温かみが冷めないうちに泡を立てます。

シャンプー剤をいきなり頭皮につけると泡立ち悪くなるので、軽く手の平で泡立ててから髪に付けます。

髪の中間と毛先を揉み込むようにしながら泡を立てます。もみあげや耳後ろ、ネープへと泡をつけます。

 

※シャンプーは泡立てが重要です!

泡立てに最も必要な3つが

〇温度

〇水分量

〇空気

と言われています!この3つを適切にすることで気持ちの良い泡が立ちます!

 

☆洗い

〇髪、頭皮の全体に泡がついたら全体をかいていきます。

ジグザグな動きをプラスして、マッサージするように指を立てずに指の腹でかいていきます。

こうすることで毛穴もきれいに、血行も改善して、健康な髪が育ちやすくなります!

〇スタイリング剤などで1度の洗いでは汚れが落としきれない場合、二回シャンプーして落とすか、シャンプーを泡立てた状態で1分間置きます。

一回目は軽く、二回目は落としきれなかった汚れをマッサージしながら落としきります。

ただ、洗浄力の強い市販シャンプーの場合は、

シャンプーの量は少なめにして、なるべく一回で洗ったほうが髪と頭皮への負担が軽減されます。

 

☆流し

頭皮にシャワーヘッドを当てて、地肌に手を入れながら、マッサージするようにすすいでいきます。

シャンプー剤が流しきれずに残ったままだと、臭いや頭皮のかゆみの原因になります。

 

 

ここまでがシャンプーの工程です!

この後、毛先中心にトリートメントを付けて流し

タオルで優しく拭いて終了です!タオルで力強くゴシゴシすると髪と頭皮にダメージを与えてしまうので、優しく水気を取るようにしてください!

 

毎日することなので正しいシャンプーはとても大切です。正しいシャンプー方法で頭皮と髪の健康を守りましょう!

 

assistant 村田 紗矢香

More from Yoshiyuki Ishida

40代に多い髪の悩み解消法お教えします!

あるアンケート調査による...
Read More

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です