ひとりひとりかかる時間が違うのはなぜ?

こんにちは坂根です!

今回は美容室に行かれてて放置時間が長かったり、逆に短すぎて不安になった経験はございませんか?
時間の個人差があるのは髪のキューティクルという細胞の枚数の違いと、髪の太さの違いがあるからなんです!

キューティクルは普通5〜6枚がうろこのように重なっているんですが、それより人によっては枚数の多い場合があります!

その場合ダメージとは関係なくパーマがかかりにくい、ブリーチしにくい。傷みにくいといったことがあります!

たとえば冬の重ね着のようにしっかり体を包んでると、脱ぐのにも手間がかかるのと同じです!

特に髪が太い人の場合、キューティクルは厚くてしっかりしています、反対に髪が細い人はキューティクルのバリア機能が弱く、ダメージを受けやすいタイプです!

年齢を重ねると髪が傷みやすく感じるのは毛が細くなっていっているからです!

そして、髪の太い、細い、硬い、柔らかいという感触の違いなのです!

人の顔がそれぞれ違っているように、髪にもそれぞれ個性があるので、一人一人に適切に合う薬剤選び、置く時間、前処理のトリートメントなど、見極めて施術させていただいております!

ぜひ、お悩み、どんな小さな疑問でもございましたら一度スタッフまでお声掛けください!

More from Hiroshi Nagao

カラーとパーマは一緒にできるの?

こんにちは!アシスタント...
Read More

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です