ふと気づいたら毛が老化してる。。

髪の老化は頭皮のコンディションからなるものです、老化毛を防ぐためにやっておかないと

いけない4か条をご紹介します☆

1か条 ヘッドスパを月1回

2か条 ブラッシングが重要

3か条 シャンプーで決まる

4か条 濡れたままの髪を放置しない

これが出来れば劇的に改善します!

老化は突然やってきます、計画的にバランスの良い方法を考えましょう

1、ヘッドスパを月1はお勧めします

頭皮は肌と同じです、

肌はエステなどでケアできますし、顔にもケアをします

頭皮にケアしないのは必要性がわからない人がまだまだ多いという事です

肌や顔のケアを怠るとどうなるか分かるように頭皮も同じことが起きていると

認識して頂けると理解できますでしょうか?

頭皮が傷めば、髪の毛が老化していきます

やりすぎはもちろんよくありませんが、1か月に一回は

ヘッドスパをやって頂けると綺麗な頭皮が保てます★

2、ブラッシングが重要

毎日髪の毛を丁寧にブラッシングしましょう!

目の細かいくしや、ブロー用のロールブラシはNG!

静電気を発生させやすいプラスチック製の物もあまりよくありません。

猪毛等のブラシで毛先のやわらかいものを選んでいただければOKです

ブラッシングをすることで

頭皮の皮脂を髪全体にいきわたらせることができるので

うるおいやツヤを与えてくれます。

また、絡んだ髪をほぐしたり、抜け毛や汚れ、

フケなどを落として、そのあとシャンプーをすれば

洗浄効果がアップ。ブラシの刺激による

マッサージ効果で血流もアップして

抜け毛防止にもつながります。

3、シャンプーで決まる

トリートメントよりも、髪の老化を防止するためには

シャンプー選びが重要になります

髪にとって不要なよごれを落とすことが

髪の老化防止にとって重要だからです。

ただし、自分に沿ったシャンプーを選んでいるかどうか、、、

ほとんどの人が「なんとなく」で選んでいるのではないでしょうか。

ダメージヘアの人がノンシリコンのシャンプーを使うのはNGです。

逆に、ダメージもないのに市販のシリコンシャンプーを使うのも

これまたNGです。

大切なのは、今ご自身の髪はどういう状態か?を知ることです。

市販のシャンプーにはシリコンが含まれています。

これが近年問題視されていますが

これは疎水性のシリコンを使っているから。

疎水性のシリコンは使うたびに髪の表面に蓄積するので

次第に髪質が硬く、うねるようになり

髪の内部が乾燥し続け、悩みの種になります。

ダメージヘアの方で、

髪のアンチエイジングを意識されるのであれば、

美容室などで売られている水溶性のシリコンを含んだ

シャンプーに切り替えることをお勧めします。

逆に、髪に特別なダメージが無い場合には

きちんと頭皮を洗えるノンシリコンタイプでもいいでしょう。

どちらも、大事なのは

きちんと洗い流すこと!

90%以上の人がきちんと洗い流せていません

泡が流れ落ちたら終わりなのではなく

そのあと全体をお湯だけでもう一度洗うような気持ちで

流すと、キレイに落とせます

4、濡れたままの髪を放置しない

お風呂上りに

髪を濡れたまま放置してませんか?

危険です!!

これが一番早く髪を老化させる原因なのです!!

髪が濡れていると、摩擦力が大きくなり

キューティクルが剥がれ落ち、髪の芯がむき出しの状態になるので

逆に髪が乾燥してしまうのです。

もちろん傷みの原因になってしまいます。

後、

余計な雑菌が繁殖することで

不潔な状態が続き、抜け毛の原因にもなるのです。

ドライヤーを使用する前に、

髪をしっかりタオルドライします。ごしごしと拭き上げるのではなく

水分を吸い取るようなイメージで。

ドライヤーを使用するときは

温風を1か所に集中させないように常に動かし

髪の根元から乾かすようにしましょう。

そして、最後に、冷風で仕上げをすると

ツヤのある仕上がりになります。

オススメは、タオルドライの後に

洗い流さないトリートメントを使用して

熱のダメージから守るのもいいでしょう。

4か条全て完ぺきにこなせば大幅な改善間違いありません

お客様のキレイをお助けできれば幸いです

CLASS AOYAMA

 スタイリスト

長尾 佶

 

 

 

 

More from Hiroshi Nagao

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です