サロンカラーとホームカラーの違い。

こんにちは、class aoyama石田佳之です!

 

今回は美容院でやるカラーと家で自分でやるカラーの違いのお話です。

 

気軽に安価で出来ると言う事で、ご自宅でカラーをされている方は意外と多いように感じますが、

実際、何が違うのかをわかりやすく簡単に説明していきたいと思います。

 

基本の薬剤の違いに関して言えばそれほど大きな違いはないと思いますが、

(内容成分にこだわって作られているカラー剤は沢山あり、市販のものとの違いはありますが

カラーの主成分はそれほど変わらないという意味です。)

一番の違いといえば、髪の毛のダメージ(状態)に応じて

薬剤の強さを選択するという事でしょう。

 

ホームカラーの場合ですと、根元からダメージのある毛先まで

全て同じ強さ(種類)の薬剤で染めていきます。

結果、ダメージのある毛先は更にダメージが進み、健康な根元の毛はしっかり染まっていない等の

色ムラができやすくなってしまいがちです。

 

一方、サロンカラーの場合は、髪のダメージに合わせて薬剤の強弱を設定します。

ダメージのある毛先には低アルカリで過酸化水素の濃度を薄めて

必要なところに必要な量の薬剤を用いる為、ダメージを最小限に抑えることが出来ます。

 

もう一つ大きな違いは前処理と後処理です。

髪の状態に合わせて、カラーをする前のベース作りが前処理で、

カラー後に髪の中に残留した薬剤をきれいに洗い流し、

カラーによるダメージを補修してくれるのが後処理です。

このプロセスをやるとやらないでは、仕上がりの質感が断然変わってきます。

 

メリットデメリット双方ありますが、ダメージを気にされている方は出来れば

サロンでのカラーをお勧めします!!

 

 

大きな違いはこの2つですが、この他にも色々なテクニックを用いた

デザインカラーやポイントカラーなど美容院でないと

出来ないカラーは沢山ありますので普段ホームカラーを

やられている方も、興味があればサロンスタッフまで気軽にご相談下さい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です