トリートメントの効果的なやり方

特にこの時期、空気の乾燥で髪がパサつき指通りが悪くなってきます。

放置しているとダメージに繋がり枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。

それを防ぐためにも正しいトリートメントのやり方を覚えて、

トリートメント効果を最大限に活かしましょう!

 

1.シャンプー後の水気をしっかり切りましょう

髪をコップに例えるとシャンプー後の濡れた髪はコップに満杯の水が入っている状態です。

満杯のコップにトリートメントを入れようとしても、水と一緒に流れ出てしまいます。

これではせっかくトリートメントをしても効果が半減してしまいます。

しっかり水分をとってからトリートメントをつけるというのが大事です。

 

2.トリートメントの量はミディアムでサクランボ大程度

トリートメントで一番難しいのがこの使用量です。

同じ長さ、同じ量の髪でも、ダメージの度合いによって使用料は変化してきます。

少ないと効果がでないし、多いと重くなりすぎてしまいます。

目安として手櫛を通したときに髪が つるんっ としていたらOKです。

逆にザラツキがあるようでしたらもう少し足してみるといいと思います!

 

3.中間から毛先にまんべんなく塗布

注意するのは根元付近は付けないこと。

重くなりボリュームが無くなってしまいますので、先ずは毛先から徐々に

中間に伸ばしていくのがいいです。

 

4.髪を撫でる

髪に塗布したトリートメントを浸透させるために撫でます。

(押し込むイメージ)

よく時間を何分置いた方がいいとかありますが、圧力を加えて浸透を助けるのが

一番効果的です。

 

5.しっかりゆすいですぐに乾かしてフィニッシュ!

トリートメントをしっかり流さない人がいますがこれはNGです。

髪にトリートメントが残っていると、臭いや、雑菌の繁殖の原因になりますので

しっかりすすいで下さい!!

 

以上簡単にまとめてみましたが、

一番大切なのは4の髪を撫でるです。

撫でた分だけ浸透が良くなるので、ダメージが気になる人はひたすら撫でてあげてください (笑)

 

 

Ishida

 

More from Yoshiyuki Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です