パーマを長持ちさせたい人へ

こんにちは、class aoyamaの石田です!

 

今回はパーマをかけてもすぐに取れてしまう、すこしでも長持ちさせたいという人の為に

パーマのもちを良くする方法を紹介します。

 

パーマをかけてよくもつ人と、すぐに取れてしまう人の違いは何なのか?

もちろん髪質やかけるパーマの種類によっても変わってくるのですが、

ここでは、自宅でできるパーマの持ちをよくする方法を紹介したいと思います。

 

まず、パーマの仕組みを説明するとパーマの1液のアルカリ剤によってキューティクルを開き

さらに還元剤によって髪の毛の結合を切り離します。

ロッドを巻いた状態で結合を切って、2剤に入っている酸化剤で再び結合させ、

開いたキューティクルをもとの状態に戻すことでウェーブが形成されます。

ただ、パーマをかけてから2~3日はこの結合が不安定な状態の為、パーマがおちやすいのです。

これはパーマの種類に関係なく全てのパーマに共通して言えることです。

 

不安定な状態の時期にシャンプーもですが、ブラッシングの多用やアイロンの使用には注意しましょう。

 

おすすめはパーマ用のシャンプー、トリートメントの使用です。

パーマ用のシャンプーやトリートメントの多くには結合を安定させ、

髪の毛にハリ、コシをもたせる成分(ヘマチンやケラチン)が入っているので

通常のものを使うのに比べて断然パーマのもちがよくなります。

 

もう一つは、乾燥から髪を守る事です。

パーマをかけた髪は乾燥しやすくなり、乾燥が進むとパーマがだれるだけではなく、

枝毛や、切れ毛の原因になりますので

保湿クリームやオイルなどで保湿をしっかりしましょう。

 

 

まとめると

 

パーマかけたてはブラッシング、アイロンの使用は控える。

シャンプー、トリートメントはパーマ用のものを使用。

乾燥から守るため、アウトバストリートメントを使用。

これだけで随分もちが変わってくるはずです。

 

パーマが落ちやすいという方は是非参考にして下さい!

More from Yoshiyuki Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です