大人の人気ブログ 『カラーリングの色もちよくさせる方法』

髪質によって色が抜けやすい、抜けにくい

もっと色もちよくなってくれたら。。。とお考えの方は多いはず!

 

少しでも色もちよくさせる方法をご紹介したいと思います!

 

 

まず、退色を早める原因から

 

 

1,毛髪のダメージ

髪のダメージによりカラーが抜け出やすい状態になります。根本の方より毛先の方が退色が早いのも、毛先の方がダメージしているからです。

2.紫外線の影響

紫外線の影響によりカラーが退色しやすくなります。夏に髪が明るくなりやすいと言われるのもそれが原因です。

紫外線は髪の中に定着した染料を分解してしまうので、カラーリングの色落ちが進んでしまいます。

 

3.シャンプー

市販のシャンプーは洗浄力が強くカラーも落ちやすいです。

熱いお湯でシャンプーするのは色落ちだけでなく、キューティクルが剥がれやすくなるので髪のダメージの原因になります。

髪が傷むことでさらに色落ちが進んでしまいます。

 

4.ドライヤー

シャンプー後、そのまま乾かさずに放置しておくとキューティクルが傷つきやすくなるので、しっかり乾かすことが大切です。

しかし、ドライヤーで必要以上に乾かし過ぎるとドライヤーの熱で髪を傷めてしまうので注意が必要です。

ドライヤーの熱で髪が傷み、保水力が失われ、色落ちが進んでしまいます。

 

 

 

 

色もちを良くするには。。。

 

 

1.当日のシャンプーは控える

ヘアカラーの直後は髪の内部に色がまだ浸透していない状態です。そのため、当日にシャンプーをすることは、色落ちの原因になるのです。

 

2.カラー用シャンプー

市販の洗浄力が強いシャンプー剤ではなく、頭皮や髪に優しいアミノ酸系のシャンプーを使うようにしましょう。

一番はカラー専用のシャンプー剤を使用することです。

カラー専用のシャンプーは髪や頭皮に刺激がないだけではなく、髪を健康な状態にする成分や紫外線吸収力、

カラーの色落ちを防ぐ成分が配合されているのでカラーのもちをよくしてくれます。

 

3.お湯の温度設定

実はヘアカラーは熱に弱いので、熱いお湯ではなく38度くらいの少しぬるいくらいで洗った方が色が長持ちします。

また、色落ちだけでなく、熱いお湯で髪を洗うとキューティクルもはがれやすくなるため、内部のタンパク質などが流れ出て髪のダメージの原因にもつながります。

 

を心がけると色もちが変わってきます。

 

 

カラーリングの色もちの違いは髪質だけではなく、

 

毎日の簡単なケアで差が出てきます!

 

 

できることから初めてキレイなカラーリングを保ちましょう!^^

 

 

 

assistant 村田紗矢香

More from Hiroshi Nagao

髪って何からできてるの?

アシスタントの坂根です!...
Read More

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です