市販のシャンプ―で自分に合ったものを見つける方法

こんにちは、classの石田です!

 

今回は「自分に合ったシャンプーの見分けかた」です。

 

美容室で美容師が提案するシャンプーを使うのが一番いいと思うんですが、

正直、値段が、、高い、、。

と言う方のために、

「市販のシャンプーで自分にあったものを見つける方法」をまとめてみましたので

参考にして下さい。

 

シャンプーの一番の目的は、

頭皮や髪についた汚れを洗い流すことです。

主成分である洗浄成分はシャンプーの種類によって様々で、

洗浄力にも違いがあります。

乾燥気味の方に洗浄力の強いものを使えば

更に乾燥が進んでしまいます。

結果、炎症やフケの原因になってしまいますので

この洗浄成分をシャンプー選びの基準にするのがBestだと思います。

 

まず、自分はどのタイプなのかを知るのが大事です。

頭皮の状態は?

健康、乾燥、脂性、敏感。

大きく分けると、この4タイプに分かれると思いますが、

この判断はご自分では難しいと思うので美容師に聞くことをお勧めします。

自分では乾燥タイプだと思っていたけど

実際は脂性タイプだったという事もよくある話しです。

 

次に、一般に販売されているシャンプーの裏面には成分表が書かれています。

この成分表には含有量の多い順から記載するというルールがあります。

(含有量が1%未満の場合は順不同)

今日はこの成分表に記載されている界面活性剤に的を絞りお話していきます。

界面活性剤とは先程お話した洗浄成分で、

代表的なものをいくつか挙げていきます。

1.ラウレス硫酸Na,ラウリル硫酸Na

高級アルコール系(洗浄力◎、刺激△)

 

2.ココイルグルタミン酸Na,ラウロイルサルコシンNa

アミノ酸系(洗浄力△、刺激◎)

 

3.ココイルメチルタウリンNa,ラウロイルメチルタウリンNa

タウリン系(洗浄力〇、刺激◎)

 

4.オレイン酸Na,ラウレス酢酸Na

石鹸系(洗浄力◎、☓)

 

5.コカミドプロピルベタイン,ココアンホ酢酸Na

ベタイン系(洗浄力〇、◎)

 

この他にもまだまだ沢山の種類があるのですが、

市販で売られている中ではこの中のどれかにほぼ当てはまると思います。

 

商品のキャッチフレーズと内容成分が合っていなそうな商品は意外と多いので

しっかり見極めることが大切かなと、、。

 

 

 

 

 

 

 

More from Yoshiyuki Ishida

カラーの退色~原因と対策~

こんにちは、class ...
Read More

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です