更年期と抜け毛の関係

前回、抜け毛についてご紹介させていただきましたが

実は

女性の更年期も抜け毛につながります。

 

今回は更年期になると、髪にどう影響してくるのかにスポットを当てていこうと思います!

 

 

更年期とは??

更年期とは、女性の閉経をはさんだ前後10年を指します。

女性ホルモンであるエストロゲンが8・9歳頃から卵巣で分泌され、その分泌量は30代半ばにピークを迎えます。

これ以降、卵巣機能が低下するに従って、エストロゲン量は徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少します。

40歳を過ぎたころから卵巣機能は徐々に衰え、やがて閉経を迎えます。

この閉経をはさんだ前後10年のことを「更年期」といいます。

多くの女性は、50歳前後で閉経を迎えることから、だいたい45歳~55歳のとこをいいます。

更年期は女性のからだにとっては、ごく自然な変化なのです。

個人差が大きく、人によってかなり違うことも特徴です。

 

 

更年期障害

更年期を迎える時期になると、卵巣の機能が衰え、その結果、卵巣から分泌されている女性ホルモンのエストロゲンの量が減少します。

エストロゲンの分泌量が減ると、脳は、盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌し、卵巣からエストロゲンを分泌するように促します。

しかし、更年期を迎えた卵巣は、必要な量のエストロゲンを分泌することが出来ないため、エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加というホルモンバランスの乱れが起こります。

そして、エストロゲン量の低下により脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼして自律神経失調症を引き起こします。

ホルモンバランスの乱れによって更年期障害の症状である体のほてりや大量の汗などが起きるのです。

他にも冷え、動悸やめまい、耳鳴り、頭痛、肩こり、腰痛、視力、聴力の低下、肌の乾燥、シワの増加、白髪の増加。。。。

など、たくさんの症状が起きるとされています。

 

 

髪への影響

女性ホルモンであるエストロゲンが減少するということは、男性ホルモンが増えます。

そのため、男性と同じように前頭部から後頭部にかけて毛が細くなりはじめ、50~60代になると薄くなって頭皮が見えるようになります。

髪の毛がやせて細くなり、本数が減ってくるのもこの時期なのです。

最近は極度のストレスや疲れなどからプチ更年期やプレ更年期といった30台の若い女性でも更年期障害による身体の異変や抜け毛が発生することもあるそうです。

最初の段階では抜け毛、薄毛に気づかずに、ボリュームがなくなってきたとしか疑わないことも多く、気づいた時にはかなり抜け毛が進行していた

ということも少なくないようなので、日ごろから意識してケアしてあげることが大切です。

かといって、気にしぎてストレスを溜めるのも抜け毛の原因になってしまうので、バランスが必要です。

 

 

対応策

1.正しいシャンプー

毎回、どの悩みでもそうなのですが洗浄力の強い市販のシャンプー剤を使用しないことです。

また、洗う時も爪を立てずに、指の腹で優しく洗ってあげるのがポイントです。

2.マッサージ

手全体で頭の頭皮を動かすように優しくまわしながらマッサージして

血行促進をして毛細血管を活発にしてあげましょう。

そうすることで、髪に栄養が行きわたりやすくなり抜け毛予防になります。

3.イソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをします。

大豆製品などの接種を心がけてあげると良いでしょう。

4.運動

有酸素運動などで筋力をアップすることで、卵巣機能の低下を予防することができます。

血行促進にもつながり、気分もすっきりしてストレス解消にもなるので最適です。

 

 

 

女性にとって、更年期はとても大切です。

更年期がきたから悪いのではなく、辛い月経も終わり

これから再びスタートだと前向きに向き合って行きたいですね!

 

 

assistant 村田 紗矢香

More from Hiroshi Nagao

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です